保険のセールスレディ!仕事内容や特徴まとめ

生命保険会社は「セールスレディ」といって、自社の保険商品を販売してもらう女性スタッフを配置しているのがほとんどです。しかし、売る商品が保険という高額の商品であるため、顧客とのコミュニケーションに失敗するとトラブルに巻き込まれやすいことや、保険会社からノルマを課せられていることから、営業職の中でもかなりハードな部類に入る職種といえるでしょう。そこで、保険のセールスレディの仕事内容と、優秀な保険セールスレディ・営業マンになるためには、何が必要かについて解説します。

 

 

生命保険のセールスレディの特徴は?

 

生命保険のセールスレディは、実は保険会社の社員ではありません。つまり、保険会社と雇用契約を結んでいる社員・従業員ではなく、業務委託契約を結んでいる個人事業主です。自営業として、保険会社の仕事を受けている人といった方がわかりやすいでしょう。本来、自営業であれば、会社に定期的に出勤する義務もないはずですし、営業ノルマも自分で自由に設定できるはずです。しかし、生命保険のセールスレディは、契約している保険会社のオフィスへの出勤義務や営業ノルマがある場合がほとんどです。一見会社員のようなのに、実は会社員ではないという不思議な立場にあります。もっとも、最近は業務委託契約ではなく、営業職として保険会社と雇用契約を結んで働くセールスレディも増えています。

 

 

生命保険会社で働く女性!セールスレディの仕事内容は?

 

ここで、生命保険会社のセールスレディの仕事内容について解説しましょう。最も有名なのが、保険契約の獲得です。「セールス」と入っている以上、これがセールスレディの仕事の中で最も重要な位置を占めています。つまり、保険への新規・追加加入や商品の乗り換えを検討している人に対し、商品について説明し、実際に契約してもらうことです。ほとんどの保険会社では月間の営業ノルマが決まっており、数値をクリアできないと給料が減ってしまったり、業務委託を更新できなかったりなどのペナルティーがあります。そのため、新規顧客の開拓も重要な仕事となります。具体的には、保険商品のパンフレットを配布して説明したり、アンケートを実施して顧客の動向を探ったりします。保険会社のオフィスでやる場合もありますが、個人宅や会社のオフィスを訪問する場合が大半を占めているようです。さらに、既に保険を契約してくれた既存顧客へのフォローも大事です。具体的には、保険契約を継続してくれるように働きかけたり、新商品を紹介して乗り換えの案内をしたりなどの対応を行います。また、近年では口座振替で保険料を支払うのが主流のため、件数としては少ないですが、保険料の集金を担当する場合もあります。毎月、顧客の自宅やオフィスに出向き、保険料を現金で受け取る形です。

 

 

保険会社の営業はどれくらい稼げているもの?

 

保険会社のセールスレディの月収はどのくらいになるのかも考えてみましょう。多くの保険会社が「基本給+歩合給+諸手当」という計算式で給与を決めているようです。特に、歩合給の部分は、本人の腕次第で変わってくるので一概にはいえませんが、月45万円程度もらっている場合が多いです。保険会社によっては、これに賞与も加わってくるため、最終的な年収は700万円から800万円程度になるでしょう。しかし、個人事業主である以上、社会保険や税金の処理を自分で行ったり、顧客へのお中元やお土産などを自腹で用意しなくてはいけなかったりと、支出も多いようです。歩合給の部分が大きい以上、やはり体力やメンタルの強さがものをいう部分はあります。しかし、ある程度は自分の裁量で時間を使え、努力すればするだけ給料が増えるチャンスがある点では、非常にやりがいがある仕事かもしれません。女性であっても、男性の営業マンにひけをとらない給料を得ているセールスレディはたくさんいるのです。

 

 

優秀な保険営業マンになるには?仕事ができる人の特徴

 

では、優秀な保険営業マン・セールスレディになるには、どういう点に気をつければいいのか考えてみましょう。まず、コンサルティング能力がある営業マン・セールスレディは非常に高い評価を得て、契約の獲得にも結び付けられます。コンサルティング能力とは、「顧客の要望を一番効果的にかなえる提案を行う」能力のことです。この能力を磨くためには、まずは自分の扱う商品や、関連する法律などを勉強するのが不可欠です。必要に応じて、ファイナンシャルプランナーなどの資格も取得しましょう。しかし、ただ知識をひけらかすのではなく、相手に的確に伝わるように話をするのも、コンサルティング能力の一つですので、話し方なども研究の余地があるはずです。また、時間を守る、事務処理に漏れがないなど、ビジネス的な信頼関係を築くための努力も必要です。「仕事ができなさそう」と思われてしまうと顧客から「この人と付き合っていきたい」と思い続けてもらうのも厳しくなるはずです。そして、最後は、「この人から買いたい!」と顧客に思わせる能力です。これを身につけられれば、優秀な営業マン・セールスレディとして評価されます。つまり、ビジネスマナーを守りつつも、人間味あふれた温かい対応を心がければ、結果もついてくるはずです。何よりも、「お客様の悩みを保険を通じて解消したい」という真摯な姿勢を持ち続ければ、おのずと営業マン・セールスレディとしてのスキルも向上していくでしょう。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

保険のセールスレディ!仕事内容や特徴まとめ ページTOPへ戻る