保険に加入するなら告知義務はつきもの!診査方法の詳細まとめ

生命保険に加入する場合、多くの保険会社が告知義務を設けています。そのため、申込書類の中に健康状態の告知に関する欄があったり、医師からの診断書の添付を求められたりするのは珍しくないでしょう。たとえ、健康状態に問題があったとしても、丁寧に事実を書くのがベストの対応です。保険に加入できないのが怖いから、と事実と異なることを保険会社に報告してしまったら、告知義務違反として最悪の場合は契約を解除されてしまいます。そこで、健康状態の告知義務はなぜ設けられているのか、万が一事実と異なることを告知してしまったらどうなるのかを中心に解説していきます。

 

 

生命保険の告知義務って何?

 

生命保険の告知義務とは、加入に際して自分の健康状態・傷病歴・職業など保険会社が求める一定の事項について事実のままに答える義務を指しています。健康状態に不安があったり、過去に大きな病気をしたりした場合、健康状態の悪化や病気の再発により、保険会社は保険金を払う確率が高くなります。また、高所での作業が多いなど、職業そのものがケガや病気と隣り合わせの場合も、保険金を支払う確率は高くなるでしょう。このように、保険金を支払う確率が高い人をチェックなしに加入させたのでは、保険会社は巨額の保険金を支払うリスクを負ってしまいます。そこで、保険会社は一定の基準を設けて審査を行い、自社が求める加入条件をクリアした人だけに生命保険に加入させるようにしているのです。加入を希望する人が加入条件をクリアしているかをチェックするための手段の一つが、告知義務と考えましょう。

 

 

告知には種類がある?診査方法は?

 

実際に、告知をどのようにして行うかは、保険会社や商品によって様々です。ここでは、一般的に用いられている方法をいくつか解説します。まず、書類の提出だけで行う方法として、告知書への記入と健康診断書による代用診査が挙げられます。前者は、健康状態に関する質問事項が書かれた告知書に回答し、保険会社に提出するやり方です。後者は、先ほどの告知書へさらに健康診断書を添付して保険会社に提出する流れになります。一方、人とのやり取りが入る方法として生命保険面接士による代用診査および医師による診査が挙げられます。前者の場合、あらかじめ加入を希望する人が質問事項が書かれた告知書に健康状態を記入したうえで生命保険面接士との面談を行い、生命保険面接士がその結果を記入した書類(診査報状)を保険会社に提出する仕組みです(※1)。また、後者は診察医が加入を希望する人へ質問をし、その回答に基づき告知書を記入します。記入された告知書は加入を希望する人が確認したうえで、署名を行う流れをとります。どのように告知を行うかは、生命保険の契約に先立ち説明があるのが基本なので、しっかり話を聞き、わからない点はその都度質問して解決しておきましょう。

 

 

告知書の審査がスムーズになる!書き方のコツは?

 

では、自分で告知書を書く場合は、どんなポイントに気を付けるべきかについて解説しましょう。一番大事なのは、「はっきりと自分の状況が伝わるようにする」ことです。そのために、病気やケガで治療を受けている場合、どんな薬を飲み、どんな治療を受けているのかを明確に詳しく記入しましょう。そして、保険会社が重視するのは「今、どんな状況なのか」という情報なので、過去の病状ではなく、現在の病状を書きましょう。また、書く際にはあいまいな表現を用いず、誰が読んでも明確にわかる表現を用いるのが無難です。「自分だけではわかりやすい表現かどうか判断できない」と思ったら、家族などに一度読み直してもらいましょう。自分だけは判断できなくても、他の人に見てもらうことで、修正点を指摘してもらいやすくなります。

 

 

告知義務違反をしちゃった… 違反したらどうなるの?

 

告知の際、誤った情報を伝えてしまった……こういうとき、どうなるのかを解説しましょう。一言でまとめると、告知義務違反になってしまい、契約解除などの深刻なトラブルに発展する可能性があります。つまり、実際の状況と異なる報告をしたものと解釈されてしまいます。告知義務違反があった場合は、保険会社は一方的に契約を解除できる法律になっている(保険法第28条1項)ため、要注意です。実際の取り扱いは、告知義務違反の内容によって分かれますが、保険金や給付金を受け取るのは難しくなるのがほとんどでしょう。しかし、告知書の質問内容がわかりにくかったなど、告知義務の過程そのものに重大な問題があった場合(※2)など、一定の条件に当てはまる場合は、告知義務違反があっても保険会社から契約を解除できない場合もあります。もし、保険の申し込みをした後で告知漏れに気が付いたなら、保険会社に連絡して対応を仰ぎましょう。一般的には、追加告知書を記入するなどして対応します。絶対にやってはいけないのは、告知義務違反に気づいたとしてもそのままにしておくことです。将来において保険金の支払い理由になる病気やケガが発生し、保険会社に保険金の請求を行った場合に問題になります。保険会社は保険金の支払いに先立ち、過去の診断履歴や病院のカルテを入念に調査し、加入者から得られた告知事項と調査の結果に矛盾がないかをチェックするので、かなりの確率で告知義務違反は見破られるでしょう。その際、重大な故意や過失があると判断されれば、保険契約は解除されてしまうので要注意です。

 

 

 

※1【保険見直し本舗】<理解しておきたい用語>告知 保険のはなし
http://www.hokepon.com/column/g_kokuchi.html

※2【医療保険の教科書】告知義務とは?告知義務の説明と違反の例
http://hokensc.jp/iryou/kokuchigimu.html

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

保険に加入するなら告知義務はつきもの!診査方法の詳細まとめ ページTOPへ戻る