価格が安くなるかも!自動車保険を比較するメリットとは?

自動車保険の加入をしたり変更したりするときのタイミングは人それぞれです。車を購入したとき、結婚など家族に変化があったとき、車の利用頻度や乗り方に変化があったときなどさまざまに考えられます。年齢や状況に適した自動車保険はどう選ぶのが良いでしょうか。選び方次第では月々にかかる保険料を安く抑えることもできます。そのために必要なのは、自動車保険の内容を比較することです。比較によって得られるメリットについて解説しましょう。

 

いろいろあるからこそ!自動車保険を比較するメリット

 

自動車保険を長い間見直していないという人は、更新時には自動車保険を比較してみることをおすすめします。自動車保険は会社によってさまざまな特徴があり、他社との差別化を図るために日々便利なサービスが出ているのです。サービスが充実しているだけでなく、価格の安い自動車保険を新たに発見できることもあります。何社かの内容を比較することによって、今までよりかなり安い保険料に抑えることも可能なのです。同じ自動車保険に何年も加入していれば、等級に応じて保険料は年々下がっていきます。等級以外のメリットを考えて他社に切り替えたことで、今までより安い価格で加入できたという話は珍しいことではありません。車に乗る頻度や走行距離に変化があったとき、運転する人が限定されるときにも自動車保険を比較してみましょう。

 

 

自動車保険比較!ダイレクト型VS代理店型

 

自動車保険にはダイレクト型と代理店型があります。ダイレクト型とは自動車保険会社と直接契約するもので、主にインターネットで手続きをし、契約書などの書類は郵送されてくるのが一般的です。一方代理店型は、自動車保険会社との間に代理店が入るもので、契約はその代理店に出向くなどして対面で行うのが一般的です。ダイレクト型でインターネット契約を選ぶ場合にはネット割引が設定されているところが多く、安い価格で契約できるというメリットがあります。事故などが発生した場合の対応にも違いがみられます。ダイレクト型は直接自動車保険会社にメールまたは電話で連絡しますが、代理店型は代理店の担当者を通して自動車保険会社とやりとりするという流れになります。

 

 

自動車保険比較!事故対応で選ぶ際のポイントは?

 

自動車保険の内容の差を最も感じやすいのが事故対応ではないでしょうか。補償の部分に関しては、実際には大きな差が出にくいといえます。人身や対物、車両など基本的な内容の限度額や特約をどうするかの選択は、どの自動車保険も共通している部分が多いです。しかし、事故対応の内容でそれぞれの自動車保険が差別化を図っているという印象を受けます。事故連絡の24時間対応や、事故車両のレッカー移動といったロードサービスが一般的になってきている一方で、医師への相談や地震による事故へも対応している自動車保険がみられます。また、保険に未加入の車との事故を補償するものなどもあり、時代のニーズに合ったサービスがそれぞれの自動車保険に用意されています。事故の際に自分がどの部分に重点を置きたいかが、自動車保険を比較するポイントといえるでしょう。

 

 

自動車保険を見直すときの比較の仕方

 

自動車保険を見直すときの比較の方法を解説しましょう。まずは価格を抑えることがポイントです。自動車保険は便利な特約が増えています。あれもこれもつけるのは心強いですが、結果として価格が大きく上がってしまうのではせっかく見直しをしても意味がありません。はじめに必要な補償は何かを決めましょう。人身や対物、そして対人補償は最低でもつけておきたい補償ではないでしょうか。車両は新車かどうかなど車の程度に応じて決めることをおすすめします。年間にどれくらいの走行距離を乗るのか、誰が乗るのかでも保険の価格は違います。走行距離が少ない人やゴールド免許の場合は割引対象にしている自動車保険が多く、それだけ安い価格での利用が可能です。その分を他の特約にあてるなどバランスを取るのもいいでしょう。気をつけたいのは、価格を優先して必要な補償や特約まで削ってしまわないことです。インターネットで契約できる自動車保険の多くは、ネット上であらかじめプランに応じた見積もりが出せるようになっています。全体を確認しながら、いろいろなパターンを出した上で検討してください。

 

 

まとめ

 

自動車保険は加入する人によって価格に差が出やすい保険といえるかもしれません。運転経験がどれくらいかでも加入しておきたい自動車保険は変わります。まだ不慣れなうちは事故対応を充実させておき、経験が豊富ならそれ以外の特約で考えるのも上手な選び方です。まずは、どれくらいの頻度で乗るのか、誰が運転するのかで判断しましょう。そして基本として外せない補償内容を押さえたら、それを軸にどんな特約が必要かを考えていくと決めやすくなります。事故が発生したときにスピーディーで手厚い対応を期待したいのか、事故後のサポートを充実させたいのかなどでも分かれてきます。月々に出せる保険料の予算を決めてから必要なプランを考え、それに沿っている自動車保険を選ぶようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

価格が安くなるかも!自動車保険を比較するメリットとは? ページTOPへ戻る