使わないと損!自動車保険の弁護士特約の概要やメリットを知ろう

自動車保険には弁護士特約が付いているものもたくさんあります。しかし、加入や更新の際に付けていながら実際にはあまり利用されていないという現状がみられます。弁護士特約がどんなものかを把握できていない人も中にはいるかもしれません。せっかくの弁護士特約を利用しないのはもったいないことです。そこで、弁護士特約の概要や利用することのメリットについて説明します。弁護士特約がどんなものかを理解して上手に活用してみましょう。

 

 

自動車保険の弁護士特約とは?

 

弁護士特約とは事故などで相手がいる場合に、示談や補償などの条件または金額交渉について弁護士に依頼したときの費用を出してくれる特約のことをいいます。「弁護士費用特約」と呼ぶところもあります。自動車保険に加入していて相手のある事故を起こした場合には、その過失割合に応じて保険から必要な費用が支払われるのが一般的です。しかし、ケガの治療が長引き、保険の補償条件に納得できないような場合には、当人同士の話し合いでは容易に解決できないケースも生じます。そんなときに弁護士に依頼して相手との交渉の一切を代行してもらえれば、話し合いに時間をとられることがありません。スムーズに進むことも期待できるので、精神的にも楽になるというメリットもあります。

 

 

具体的にどんな事故のときに使えるの?

 

弁護士特約が適用されるケースは保険会社によって異なる部分はありますが、追突事故やもらい事故などのような被害者としての立場に立たされた場合が一般的です。その他、日常事故での弁護士特約が付帯している自動車保険なら、自動車事故以外でも適用されます。例えば走行中の自転車と接触してケガをしたときや、よその飼い犬に噛まれた場合などが考えられます。自動車事故は被害者になったときが一般的とはされていますが、事故の内容や条件によっては加害者になったときにも弁護士特約が使える場合があるので諦めてはいけません。被害者側にも過失がある場合には、加害者であっても弁護士特約が利用できるケースはあるので、事故が発生したときに自分の過失が100%でなければ、まず保険会社によく確認してみましょう。また、自分でも約款をよく見ておくことをおすすめします。

 

 

いざというときに助かる!弁護士特約のメリット

 

通常の生活をしていれば弁護士と接点を持つことは少ないのではないでしょうか。そのため実際にはどんなメリットがあるのかピンとこない人は多いかもしれません。そもそも弁護士の仕事とは代理で手続きや交渉などを行うことです。法律のプロでもある弁護士は、加害者との交渉を素人では分かりにくい法律に沿って行ってくれます。代理で行うということで委任契約など必要な手続きがありますし、当事者しか分からない内容の確認など弁護士との打ち合わせは必要です。しかしそれ以外のことに時間を割かなくて良いという安心感がまず大きなメリットといえます。加害者によっては治療費などをできるだけ抑えようと何度もアプローチしてくる場合がありますが、弁護士が介入すればそういう煩わしいことからも解放されます。弁護士に依頼するには相応の費用がかかりますが、特約で賄われるのもメリットでしょう。弁護士特約の補償額の上限は300万円という設定をしている保険会社が多くみられますが、これだけあれば加入者はかなり低い自己負担での利用が可能ということになります。

 

 

気をつけて!弁護士特約が使えないケースも…

 

弁護士特約が付帯している自動車保険に加入している場合でも、中にはその特約が使えないケースもあるので注意しましょう。一般的に使えないケースとしてあげられるのは、無免許運転や酒気帯び運転など本人に何らかの過失が認められる場合です。他には台風や洪水といった自然災害によって発生した事故なども弁護士特約が適用されないケースとして考えられます。ただし、その条件や内容は保険会社によって異なるので、自分が加入している保険会社に確認するのが確実です。また、特約がついている場合でも弁護士に依頼できるかどうかは保険会社の同意がなければいけないといわれています。同意については保険の担当者からも説明を受けることは多いですが、約款でも同意に関しての詳細は記載されているので念のため自分でもしっかり読み、理解することが重要です。

 

 

勘違い?弁護士特約についてよくある誤解とは?

 

弁護士特約については、利用の条件に対して誤解されていることがたくさんあるようです。せっかく便利な特約なのに利用者が少ないのは、この誤解が原因になっているといわれています。弁護士特約についてよくある誤解について解説しましょう。まずひとつは、弁護士特約を使うことで等級が下がってしまったり保険料が上がったりするという誤解です。これはまったく事実と異なるもので、実際には等級が下がることはなく、保険料が上がるということもありません。なので、安心して弁護士特約を利用しましょう。そしてもうひとつは、保険会社が用意した弁護士にしか依頼できないというものですが、もちろんこれも誤解です。実際には被害者自ら弁護士を自由に選ぶことができます。あまり噂には惑わされず、疑問に感じたことは保険会社に確認するのが一番ではないでしょうか。

 

 

まとめ

 

普通に暮らしていれば、弁護士には縁がないという人は多いものです。弁護士に依頼するのは大変なことのように感じてしまう人もいるかもしれません。また、保険料が上がったり等級が下がったりするという情報を耳にしてしまえば、なかなか利用しようとは思わないでしょう。しかし、複雑で面倒な交渉の場では弁護士は代理人として頼もしい存在になります。事故に直面して必要になったときには弁護士特約が使える条件かどうかを確認し、自分でもよく約款に目を通して弁護士特約を有効に活用しましょう。

 

交通事故弁護士相談広場:https://www.jicobengo.com/lawyer/lawyer-rider.html
交通事故の弁護士・比較カタログ:http://www.弁護士交通事故.com/hiyoutokuyaku/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

使わないと損!自動車保険の弁護士特約の概要やメリットを知ろう ページTOPへ戻る