事故対応はきちんとしている?通販型自動車保険が安い理由とは?

車を運転する人やその家族を自動車事故から守るのが「自動車保険」です。自動車保険のタイプには、「通販型」と呼ばれるものと「代理店型」と呼ばれるものがあります。自動車保険を選ぶ際には、どちらのタイプを選ぶのがお得なのでしょうか。自動車保険を選ぶ際には、「通販型」と「代理店型」の特徴について知っておくことが重要です。今回は、通販型自動車保険の特徴と保険選びのポイントを、代理店型と見比べながら解説します。

 

 

通販型の自動車保険とはどんな保険?

 

自動車保険には「通販型自動車保険」と「代理店型自動車保険」の2つの種類があります。まずは、通販型自動車保険について解説していきましょう。通販型自動車保険(ダイレクト自動車保険とも呼びます)は店舗を構えずに、インターネットや電話を通じて保険契約を結びます。通販型自動車保険は、代理店型自動車保険に比べると保険料が安くなりやすいという特徴があります。また、通販型自動車保険ならではの割引などもあり、保険契約にかかる費用を抑えやすいです。相談や見積もりに関する保険会社とのやり取りは、電話やメールで完結します。加入申し込みの際にインターネットを利用するだけで保険料が安くなるケースもあるため、割引の内容をチェックしておきましょう。納得できるまでプランを比較検討しやすい点も1つの魅力です。一方、「代理店型自動車保険」とは店舗で保険契約を結びます。代理店型自動車保険の特徴は、自動車保険だけではなく生命保険などの契約も取り扱っている点です。自動車保険への加入と共に、生命保険への加入の手続きを済ませることもできます。通販型自動車保険と比べると、店舗の営業時間が限られており、来店のための時間を確保しなくてはなりません。しかし一方で店舗の担当者と対面しつつ、アドバイスを聞きながら保険のプランを選ぶことができます。保険選びの方法が分からない方でも安心です。また、保険契約の申し込みも手軽に済ませやすいことも特徴です。保険契約時には、書類作成を店舗スタッフが代行してくれることもあります。

 

 

通販型自動車保険が向いているのはどんな人?

 

自動車保険を選ぶ際には、通販型と代理店型の特徴を把握し、どちらの保険が自身に合っているかを見極める必要があります。通販型自動車保険を選ぶメリットとして挙げられるのが、「保険料が安くなりやすい」点です。保険にかかる費用をできるだけ抑えたいという方におすすめです。また、代理店型の自動車保険とは異なり、「自分自身の考えでプランを決定できる」という点もメリットとして挙げられます。代理店型自動車保険の場合、店舗で契約するため、スタッフの案内を聞かなくてはいけない場合もあります。通販型の場合は好きな場所で契約の手続きができるため、自分自身で契約の内容を細かく決定できます。また通販型自動車保険は、申し込みの手続きがネットでも行えます。店舗に足を運ぶ時間がない方や、対面で保険契約を結ぶことに抵抗がある方でも加入しやすいといえます。24時間いつでも加入の手続きができるため、忙しい方にも適した自動車保険です。しかし、保険に対しての知識が少ない方は代理店型の自動車保険を選ぶ方が良い場合もあります。保険の仕組みや内容の詳細が分からないまま契約をしてしまうと、必要な補償を受けられない場合もあります。

 

 

気になる事故対応… 通販型は代理店型より充実していない?

 

通販型自動車保険のリーズナブルな保険料にひかれ、保険契約をする方は多いようです。しかし、保険料がリーズナブルだと「事故の際にはきちんと補償がされないのでは?」と不安に思う方もいます。保険は万が一に備えて加入するものであるため、必要な時に必要な補償が得られなくては意味がありません。通販型自動車保険の保険料が安い理由は「店舗を持っていない」ことにあります。一般的に、保険会社に徴収された保険料は、そのまま補償金として利用される「純保険料」と、保険会社の広告費や店舗維持費などに利用される「付加保険料」に区分されます。通販型自動車保険の場合は、店舗を構えていないため維持費がかからず付加保険料を抑えやすい傾向にあります。また代理店型自動車保険の場合は、店舗にスタッフを雇わなくてはいけません。通販型自動車保険の場合は、営業にかかる人件費も少額で済みやすいです。通販型自動車保険の保険料が安い理由は保険会社の営業にかかる費用が全体的に抑えられているため、保険料も安くなるというシステムにあります。補償サービスにかかる費用を抑えているわけではないため、代理店型自動車保険と事故対応の仕方に違いはありません。

 

 

まとめ

 

通販型自動車保険と代理店型自動車保険には、それぞれメリットとデメリットがあります。保険にかかる費用を抑えつつ、自分が納得する保険プランを追求したいという方は「通販型」を選ぶのが良いでしょう。24時間いつでも申し込みができるため、忙しい人でも加入手続きができます。一方で、保険に関する知識が少なく、店舗スタッフと相談しながら保険の内容を決定したい場合は、代理店型を選ぶと安心です。事故対応の充実度に差があるわけではないため、自分がより利用しやすいサービスを選びましょう。

 

https://www.bang.co.jp/cont/direct-or-agency/(保険スクエア・バン)https://www.bang.co.jp/cont/column-20150904/(保険スクエア・バン)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

事故対応はきちんとしている?通販型自動車保険が安い理由とは? ページTOPへ戻る