ダイレクト型より高い?代理店型自動車保険のメリットとは?

自動車保険に加入するためには、通信販売で加入するダイレクト型と保険会社の担当者と相談して加入する代理店型のどちらかを選択する必要があります。ダイレクト型の自動車保険のメリットは保険料の安さです。毎月払う保険料を安くできるため、利用者は増えているようです。しかし、代理店型にもダイレクト型にないメリットがあるのです。ここでは、代理店型自動車保険のメリットやデメリットなどについて詳しく紹介していきます。

 

ダイレクト型にはない代理店型のメリット

 

“代理店を利用して自動車保険に加入すると専任の担当者がついてくれることになります。
担当者がついてくれるメリットとして挙げられるのが、自動車保険の加入を検討する際の疑問について回答を出してくれることです。分からないことはすぐに解決できますし、自分に合った自動車保険を提案してくれるので便利です。また、契約時だけでなく、事故に遭遇した時にも担当者は動いてくれます。事故に遭うと示談交渉をすることになりますが、これらを自分でするのは時間と手間がかかります。しかし、代理店型の自動車保険に加入していると、担当者がすべて引き受けてくれるので安心です。
また、代理店型の自動車保険には高級車でも加入ができます。自動車保険には、所有する車が被害に遭った時に保険金を出す車両保険というものがあります。この車両保険ですが、契約した車が高級車であればあるほど被害に遭った時に保険会社が支払う保険金額が高くなります。そのうえ、高級車は盗難に遭う可能性もあるため、保険会社は引き受けを慎重に行っているのです。このような事情から、保険料の安いダイレクト型の自動車保険は高級車の自動車保険の加入を断るケースが多くあるようです。しかし、代理店型の自動車保険は相談内容次第では引き受けてくれるため、高級車を所有している方にはありがたいサービスなのです。”

 

 

代理店型にもデメリットがある

 

“代理店型の自動車保険にはデメリットもあります。
最初に挙げるのが、保険料が高くなるという点です。代理店型の自動車保険は、ダイレクト型と比べると担当者が手続きをすべてやってくれるなどサービスの内容が格段に良いです。ただし、担当者をつけるにはそれだけのコストがかかります。このコスト分を自動車保険料に上乗せしているため、保険料はどうしても高くなってしまうのです。とはいえ、サポートをしっかり受けられるという安心にもつながっているので、保険料が割り増しになるものの安心料として捉える人も多いです。
その他のデメリットとして挙げられるのが、問い合わせで時間がかかる場合があるということです。代理店の中には本業として保険業を行っていないところもあります。そのため、保険に関する知識が少なく、問い合わせをしたのにも関わらずすぐに返答をもらえなかったというケースもあるのです。代理店の自動車保険の加入を検討する場合は、保険業を専門として行っているかどうかを確認するようにしましょう。”

 

自動車保険の選び方!代理店型が向いている人

 

“代理店型の自動車保険の加入には、向いている人と向いていない人がいます。
まず、保険のプロから直接話を聞きたい人は、代理店型の自動車保険の加入が向いています。特に、自動車保険の知識が全くなく保険の選び方が分からない人や内容にこだわって保険に加入したい人には最適です。また、事故後の対応を自分でやるのが面倒だという方にも適したタイプだといえるでしょう。高級車を所有している人は、代理店利用の検討をおすすめします。ダイレクト型の自動車保険の場合、保険金額が高くなるため引き受けを拒否される恐れがあります。代理店で相談をすれば、引き受けてくれる保険会社と巡り会える可能性は高くなりますので、相談してみてはいかがでしょうか。
代理店型の自動車保険の加入に向いていない人もいます。それは、保険会社の担当者など人と話すことが嫌だという人です。代理店型の場合、必ず担当者と交渉をして加入を考えることになるため、人と関わりを持ちたくないという人は避けるべきでしょう。”

 

 

まとめ

“代理店型の自動車保険は自分だけの担当者がついてくれるため、保険の契約時の質問や事故後の対応などあらゆるサポートが期待できます。ですから、自動車保険の面倒な部分をすべて任せたいという方にはおすすめです。そのうえ、高級車の自動車保険にも対応してくれる会社もありますので、非常に便利です。
ただし、保険料はダイレクト型の自動車保険と比べると、サポートを充実させるために人件費がかかるためどうしても保険料が高くなります。さらに、代理店選びに失敗をすると問い合わせに時間がかかり、余計な面倒が増える恐れもありますので、慎重に代理店を選ぶことが大切です。
このように、代理店型の自動車保険にはメリットとデメリットがあり、加入をおすすめできる人とそうでない人がいます。加入を検討する場合は、複数の代理店に相談をして、本当に自分に合っているのかを比較しながらじっくり時間をかけて決めるようにしましょう。”

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

ダイレクト型より高い?代理店型自動車保険のメリットとは? ページTOPへ戻る