どう考えてどう選ぶ?新築戸建ての火災保険

家族の住みやすさを追求し建てられた一戸建ては、人生の中でも大きな買い物の1つといえるでしょう。心地よい住環境を守るためにも、様々な災害からマイホームを守ってくれる火災保険選びにはこだわりたい所です。しかし、新築の一戸建てに掛ける火災保険は、保険料が高額になりやすいという特徴があります。火災保険を選ぶ際には、補償の内容と保険料のバランスを考えることが重要です。今回は、新築一戸建てに掛ける火災保険の選び方と、補償内容について解説していきます。

 

 

一戸建ての火災保険… 対象になる建物の範囲は?

 

一戸建てに火災保険を付ける場合は、どこまでが補償の対象に含まれているのかを知っておく必要があります。まず、火災保険の対象に含まれるものとして挙げられるのが「建物」です。畳や壁などの建具、流しや浴槽など備え付けの設備、建物の基礎などが補償の対象として含まれています。次に、火災保険の補償の対象になるものとして挙げられるのが、「家財」です。家財とは、建物内にある家具などを指します。例を挙げるとテレビや冷蔵庫、テーブル、カーテンなどです。一般的に火災に遭った際に支払われる保険金は、住宅の修繕に使われます。しかし、建物と同様に家財も被害を受けた場合、家財が使用できなくなってしまうケースもあります。家財をそろえるためには多額の費用が必要になりがちで、家族全員が普段通りの生活をすることができなくなってしまいます。しかし、家財に保険を掛けることによって、被害に遭った際に新たな家具を購入することができ、生活に困る心配はありません。一口に「火災保険」といっても、加入するプランによって補償の内容は異なります。パッケージ型の保険である場合、建物に対する補償と家財に対する補償の2つが組み込まれているものが一般的なようです。保険のプランの中には、補償内容を自分で決定できる商品などもあります。加入する際には、あらかじめ補償の内容を確認することを忘れないようにしましょう。

 

 

新築割引制度のある火災保険は?

 

新築の一戸建てに火災保険を付ける際にチェックしておきたいのが「新築割引制度」についてです。新築割引制度は一定の新築年月以内であれば、保険料や契約料金が割引になる制度のことを指します。新築の一戸建て物件は、保険料や契約料金が高くなりやすい傾向にあります。新築割引制度が受けられる保険を選ぶことは保険の料金をリーズナブルにし、住宅にかかる費用を節約することにもつながります。新築住宅割引制度のある保険には、東京海上日動、三井住友海上、富士火災、損保ジャパン日本興和、あいおいニッセイ同和損保などがあります。なお、新築割引制度が受けられる基準は、保険会社や商品によって異なります。新築割引制度は、一般的に建物が建てられてから約1年以内に加入することで適用されることが多いようです。新築住宅が保険会社の規定から外れてしまうと、新築住宅割引制度が受けられなくなってしまうため注意が必要です。

 

 

火災保険の掛け金はどうやって決めるの?

 

新築一戸建て住宅に火災保険を掛ける場合、その掛け金はどのように決められているのでしょうか。火災保険の掛け金は、建物の「構造や面積」によっても変わります。保険を掛ける面積が広ければ広い程、保険料は高くなりやすいです。また、火災保険を掛ける建物が新しいほど保険料は高くなる傾向にあります。新築住宅が火災などの災害によって被害に遭った場合、修繕にかかる費用は高額になるケースが多いといえます。修繕にかかる費用を補償するためには、支払う保険料も高くなってしまいがちなのです。新築住宅に火災保険を掛ける場合、少しでも費用を抑えるためにはどうすれば良いのでしょうか。火災保険にかかる費用を抑える1つのポイントとして挙げられるのが「補償内容の見直し」です。火災保険には、補償の内容がパッケージになっているタイプの商品と、自身で選択をして組み立てるタイプの商品があります。自身で補償内容を決めるタイプの保険を選ぶ場合、住宅に必要のない補償を外すことによって保険料を抑えることが可能です。例えば、雨量が少なく、周辺に海や川がない地域に住居を構える場合「水災に関する補償」を取り外すことができます。続いて、保険料を少しでも抑えるポイントとして挙げられるのが「長期契約のプランを選ぶ」という点です。一般的に契約期間が1年以内になる保険を「短期契約」、契約期間が5年や10年に及ぶものを「長期契約」と呼びます。長期契約のプランを選ぶことによって、保険料はリーズナブルになる傾向にあります。

 

 

まとめ

 

新築一戸建ての住宅に火災保険を掛ける場合、保険料は高くなりやすいです。しかし、補償内容の見直しを行ったり、新築割引制度のある保険会社を利用したりすることによって、保険料をリーズナブルにすることもできます。また、加入の際に長期契約のプランを選ぶことも、保険料を抑える1つの方法といえそうです。一方で保険料と補償の種類のバランスをとることを忘れず、必要なポイントを押さえて慎重に考えることが重要です。大切な住宅に合った火災保険のプランを選び、住みやすい家を守りましょう。

 

・火災保険の相場ガイド「新築で火災保険に加入するとお得!保険料が安くなる秘訣」
https://www.carpathiansukraine.com/shinchiku-otoku.html
・火災保険の教科書「長期 vs 短期! 火災保険はどちらで契約するのがいい?」
http://hokensc.jp/kasai/keiyakukikan.html
・lily.jp「火災保険につける家財保険は必要?」
http://lify.jp/%e4%bf%9d%e9%99%ba%e9%81%b8%e3%81%b3%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%84/%e7%81%ab%e7%81%bd%e4%bf%9d%e9%99%ba%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%91%e3%82%8b%e5%ae%b6%e8%b2%a1%e4%bf%9d%e9%99%ba%e3%81%af%e5%bf%85%e8%a6%81%ef%bc%9f/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

どう考えてどう選ぶ?新築戸建ての火災保険 ページTOPへ戻る