どう決まる?知っておきたい自動車保険の料金の仕組み

さまざまな保険会社が自動車保険を提供しており、そのどれを選べばいいのかと頭を悩ませている人もいるでしょう。一般に自動車保険は、自動車事故を起こす可能性の高い人、つまり保険金の支払われる可能性の高い人ほど保険料が高くなる仕組みになっています。ここではより詳しくどのようなポイントで保険料が定められているのか、保険金を安く抑える方法はないのか等、保険料の仕組みを解説しますので、自動車保険を選ぶ参考にしてください。

 

 

車種や用途によって変わる自動車保険の保険料

 

自動車保険はすべての人に対して保険金が支払われるわけではなく、対象となる交通事故を起こし保険を使用した人にだけ支払われます。めったに自動車に乗らない人と毎日運転する人を比較すると、前者の方が保険金を受け取れる可能性は低くなるでしょう。それにもかかわらず両者の保険料が同じならば、不公平感を招いてしまいます。もっとも、大勢いる保険契約者全員について、個別に事故の発生確率を割り出すことは現実的ではありません。そこで車種、用途(車の使用目的)、ゴールド免許の有無、運転者の年齢などさまざまなポイントから統計学的に保険契約者の属する“層”がどの程度事故を起こす可能性が高いかをみます。
保険契約を申し込むときには、必ず車種、年式を確認されるはずです。スポーツカータイプの車であれば事故を起こしやすく、軽自動車であれば事故を起こす可能性が低いので、保険料に差が出るのです。加えて、車種によって安全装置の装着状況も異なっています。体感などとは異なるかもしれませんが、あくまでも統計上の話です。乗用や貨物、自家用や事業用などの用途によって保険料に差があるのも事故を起こす可能性が異なるからです。

 

 

自動車保険の型式別料率クラスとは?

 

自動車保険の型式別料率クラスとは、自動車の型式(車検証に記載されている識別記号)に着目して、それぞれの自動車を事故の発生率の高い順に9つのランクに分けたものです。同じ型式の自動車であれば利用者の目的やその目的に応じた形状や構造などが似通っているため、事故の発生率に共通点を見出すことができるのです。クラス1の保険料が最も安く、クラス9の保険料が最も高くなっています。多くの保険会社が自家用普通乗用車と自家用小型乗用車に関して、「対人賠償」「対物賠償」「傷害(人身傷害・搭乗者傷害)」「車両保険」の4項目に導入しています(対人3対物3傷害4車両3などと表記されていることもあります)。自家用軽四輪貨物車や自家用小型貨物車などには適用されません。損害保険料率算出機構が前年のデータを参考にして1年ごとにクラスを見直し、割り振っています。前年のデータのない自動車については排気量等に基づき、クラスを決定しています。このため、自分が事故を起こしていない場合であってもランクが変化することがあります。

 

 

年代別で保険料の高い安いがある?

 

生命保険では若い人よりも高齢者の方が病気や死亡のリスクが高いため、保険料が高く設定されています。これに対して、自動車保険では若い人の方がリスクは高いため、保険料は高く設定されています。ただし、50歳以上を超えると年齢を重ねる度に再び保険料が高くなっていく仕組みになっています。
若い人の中には高い保険料を支払う余裕のない方もいます。このような方のために「運転者年齢条件特約」が用意されています。この特約は補償の対象となる運転者の年齢に条件を設ける代わりに保険料を割り引くサービスです。

 

 

等級や運転者限定によっても変わる金額

 

保険料を安くする特約は、運転者年齢条件特約だけではありません。たとえば運転者限定特約とは、補償の対象となる運転者に条件を設ける代わりに保険料を割り引くサービスです。本人型、夫婦型、家族型の3タイプがあります(保険会社によっては本人型、夫婦型が一体となっていることがあります)。友人など補償外の人物がその自動車を運転しているときに事故が起きても保険金は支払われませんが、その自動車を運転する人が決まっている場合には無駄な保険料を支払わずに済みます。
また、多くの保険会社では等級と呼ばれる割引制度が設けられています。契約後、無事故で過ごしていくことで等級が上がり、保険料の割引率も高くなる仕組みです。等級は1から20まであり、初めて契約するときには6等級から始まります。逆に、事故を起こして保険を使用すると次年度の等級が下がり、割引率も低くなってしまいます。また、同じ等級であっても「事故あり」と「無事故」を比べると「無事故」の方が割引率は高くなっています。通常、「事故あり」の等級は3年間継続し、4年後から「無事故」に切り替わります。

 

まとめ

 

自動車保険では、保険契約者の公平を図るため、事故を起こす確率の高い“層”に属する人ほど高い金額の保険料を支払う仕組みになっています。その“層”を判断する際には、車種や用途、年齢などさまざまなことが考慮されています。保険料の高い人は上手く等級制度や運転者限定特約・運転者年齢条件特約などを利用すると良いでしょう。交通事故を起こさず安全に過ごすことで、等級がだんだんと上がっていき料金が下がりますので、常日頃から安全運転を心がけてください。

 

自動車保険の教科書:http://hokensc.jp/jidousha/matome.html
損保ジャパン日本興亜:http://faq.sjnk.dga.jp/thekuruma/faq_detail.html?id=330
ソニー損保:http://www.sonysonpo.co.jp/auto/guide/agde016.html
ソニー損保:http://www.sonysonpo.co.jp/auto/guide/agde022.html
自動車保険相場Navi:http://kurumahoken30.com/souba/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

どう決まる?知っておきたい自動車保険の料金の仕組み ページTOPへ戻る