ちょっと待った!自動車保険は解約より中断のほうがおすすめ

契約中の車を売却、および廃車にするなど自動車保険を解約する時、どのような手続きをとるべきか理解できているでしょうか。自動車保険を解約してしまうと、等級が6級になってしまいますが「中断制度」を利用することで今の等級を引き継ぐことが可能になります。等級を引き継げずに損をしないためにも、中断について勉強してみましょう。ここでは自動車者保険を中断する意味、中断証明を発行してもらうための条件などの解説を行います。

 

自動車者保険を中断するってどういうこと?

 

車を廃車にしたり、リース業者に返還したりする際には自動車保険を解約することになります。転勤や留学で海外にいくことになり、長期間車を使用しない場合も解約を検討することになるでしょう。しかし、一度解約をして再度車を購入すると等級が元に戻ってしまうことには注意しなければなりません。自動車保険の料金は等級によって大きく異なるため、高い等級を持っている人は損をすることになってしまうでしょう。それを防ぐためには自動車保険を中断する必要があります。自動車保険の中断を行えば、再契約時に現在の等級を継続することができます。等級が7級以上であれば、解約ではなく中断を利用することをおすすめしますが、事故有係数の場合は7等級以上であっても新規で保険を契約する方が良いケースもあります。心配な方は保険会社の担当者に確認をとるようにしましょう。等級を中断できる期間は最長で10年間で、本人が再度自動車保険に入る場合以外にも、家族に引き継ぐことも可能です。中断した後、結局車に乗らなかったとしても特にペナルティはありませんので、積極的に活用していくようにしましょう。

 

 

中断するには中断証明書を発行してもらおう

 

自動車保険を中断するためには、中断証明書を発行してもらわなければなりません。中断証明書は自動車保険のノンフリート等級を再契約時に引き継ぐためのものです。発行してもらうための条件はいくつかありますが、簡単にまとめると「7等級以上であること」、「車を手放していること」の二点になります。これらの条件を満たしているのであれば、保険会社に必要書類を提出しましょう。提出しなければならない書類は中断証明取得依頼書、車両の廃車や譲渡に関する証明書、自動車保険証券の写しなどがあります。中断証明取得依頼書は保険会社に連絡して貰うようにしてください。盗難にあって中断証明書を発行してもらう場合には届出警察署名、届出受理番号なども必要になります。車検を残した状態で保険のみを中断することは基本的には不可ですが、例外的に認められるケースもあります。海外渡航や妊娠を理由に長期間、車に乗らない場合は中断手続きができることを覚えておきましょう。ただし保険会社によって取り扱いが異なることがありますので、事前に問い合わせをしておくと安心です。中断証明書には発行可能な期限があることも知っておきましょう。保険会社によって差があり、だいたい1~5年程度です。発行期限内であれば解約時に中断をしていなくても、後から手続きを行うことができます。

 

 

中断するにも条件がある!

 

中断証明書を使うためにはいくつか条件があります。たとえば自動車保険のノンフリート等級が7等級未満の場合は中断できませんし、引き継ぐ意味がありません。また1から5等級の場合は、13ヵ月事故有等級が適用されるため、中断制度を利用できません。また条件を満たしていなければ、中断証明書を持っていたとしても中断制度が利用できないこともあります。具体的な条件をいくつかあげてみましょう。中断した日から再契約の日が中断期間内であること、新車を納車して1年以内の加入であること、中断前後で車の所有者、被保険者が同一であること、などがあります。中断証明が有効な期限については前述したとおり10年間です。ただし妊娠中断は3年以内など、種類によって期間は異なることがあります。新しい車を購入してからの再加入可能期間が1ヵ月になっている保険会社も中にはありますので、保険にはなるべく早く入るようにしましょう。車の所有者、および被保険者が同一の意味ですが、これは配偶者や同居している家族も含まれます。つまり夫の中断証明書を妻や子供が使用することも可能ということです。

 

 

まとめ

 

ノンフリート等級のスタート地点である6等級と最高位の20等級では保険が約2倍以上異なります。長年培った等級を無駄にしないためにも、中断手続きは確実に行うようにしてください。中断証明書の発行、中断するための条件について不安があるならば保険会社に相談してみましょう。等級は10年間引き継げますし、親族や配偶者に適用することができます。自分が運転しなくなったからといって、すぐに解約するのではなく中断を行うことを検討してみてください。親が高齢になって運転をやめるケースであれば、将来的に子供が有利な等級を引き継いで保険に加入できるでしょう。等級は自動車保険を安くするための財産という認識を忘れないようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

ちょっと待った!自動車保険は解約より中断のほうがおすすめ ページTOPへ戻る