ちょっとしか乗らないからこそ!1日自動車保険に加入しよう

運転免許を取得した人であれば、自分の自動車を持っていなくても運転をする可能性があります。例えば、友人の自動車をちょっと借りて運転するなどの場面です。その自動車に手厚い補償内容の保険がかけられていないと、事故を起こした時は大変なことになってしまう可能性もあります。そのような「ちょっと乗るだけ」の場面で手軽な保険料で加入できるのが「1日自動車保険」です。今回は、加入を検討したい理由や補償内容について詳しく説明します。

 

 

ワンコインでOK?1日自動車保険はなぜ必要?

 

全ての自動車は「自動車賠償責任保険」に加入しないと、運転してはいけないことになっています。補償内容は他人を死亡させた場合は1人あたり3000万円まで、ケガをさせた相手の障害が残った場合は1人あたり75万円から4000万円までとなっています。自動車の所有者と運転していた人が事故を起こした場合、相手に対して保険金が支払われます。この補償内容なら、ちょっと運転するくらい大丈夫だと思う人もいることでしょう。しかし、事故で自分がケガをしても、相手や自分の自動車が壊れても保険金は出ません。それに、事故の相手が死亡した場合などは賠償額が1億円以上になることもあります。自動車賠償責任保険の保険金額を超えてしまう分を自分で負担できるでしょうか。自動車事故を起こさないか心配だけど他人の自動車を一時的に運転したい、という人のためにあるのが「1日自動車保険」です。補償内容などをきちんと理解して加入すれば、500円程度の金額で大きな安心感を得ることができます。

 

 

1日自動車保険に加入したほうが良いのはどんなとき?

 

「1日自動車保険」は、自分以外の自動車を運転する時に加入したほうが良い保険です。例えば、自動車運転免許を取得したばかりで自分の自動車を所有していない子供が親の自動車を借りて出かける時、遠方から電車で帰省して実家の親や兄弟の自動車を借りて運転する時、友達の自動車でグループ旅行するのに運転を交替する時などです。そういえば今まで保険が気になりながらも運転してしまっていた、と思い当たる場面がある人もいるのではないでしょうか。

 

 

1日自動車保険の補償内容は充実している?

 

「1日自動車保険」は手軽な保険料で加入できることが魅力ですが、補償内容も充実しています。概ね500円程度の基本プランでは、事故の相手をケガさせた場合や相手の自動車を壊してしまった場合は無制限に補償されることが多いです。また、運転手である自分や同乗者がケガしてしまった場合の補償もあるのが一般的です。保険料を1000円から1500円ほど上乗せすると、自分が借りた自動車の修理費用も補償されたり、車内の持ち物が壊れた場合でも補償されたりします。補償内容が充実しているだけでなく、保険料の割引制度もあります。「1日自動車保険」を2回以上利用する場合や2人以上で利用する場合など、保険料が割り引かれます。
しかし、「1日自動車保険」を利用するうえでの注意点もあります。まず、レンタカーや企業などの法人が所有する自動車は補償対象外です。利用1回ごとの保険期間は最長7日間としている保険会社が多いので、それ以上利用する場合は改めて手続きすることを忘れないようにします。また、基本プランは当日加入を受け付けても、車両保険をオプションで付けたい場合などは1週間前までの申し込みが必要なこともあるので注意したいところです。「1日自動車保険」は何度でも利用できますが、長期間になる場合は通常の自動車保険を契約したほうが保険料を抑えられることもあります。欲しい補償内容や利用期間を考慮してから契約する形をとるのが賢明です。

 

 

1日自動車保険に入らないことによって起こるリスク

 

自動車保険に加入していない人が運転する時は、自動車賠償責任保険のみでは補償額が不足する可能性が高いので「1日自動車保険」に加入しておきたいということは言うまでもありません。
自分が自動車を所有して自動車保険にも加入している場合、親が自動車保険に加入している場合など、他人の自動車を運転して事故を起こしてもその保険で補償されるケースもあります。それは、加入している自動車保険に「他車運転危険補償特約」がついているケースです。特約が付けてあれば、未婚の子供が友人の自動車を借りて事故を起こしても、親の自動車保険で補償されることもあります。しかし、特約がついていても、運転手が親だけに限定されている場合などは補償されません。加入済みの自動車保険に車両保険がついていない場合、自動車の修理費用も補償されません。すでに加入している自動車保険がある人は、他人の自動車を借りて運転した場合の補償について確認してみましょう。
加入済みの保険が使えるならば1日自動車保険は不要のように見えるかもしれません。しかし、事故を起こしてしまった後の費用の面から見ると、加入したほうが良いと言えそうです。自動車保険から保険金が支払われると、翌年の保険料が上がってしまう仕組みになっているからです。「1日自動車保険」の保険料は500円から2000円程度ですが、年単位で契約している自動車保険の場合は、数万円単位で保険料が高くなってしまうことがあります。
自動車保険に加入していない、加入済みの保険があっても補償対象外である、保険料が高くなってしまうリスクを負いたくないなど、多くの場面で「1日自動車保険」が役立ちそうだと言えるでしょう。

 

 

まとめ

 

「1日自動車保険」は、他人の自動車を一時的に運転したい人にとって手軽に利用できる保険です。リーズナブルな保険料であっても、相手が人や物だった場合の補償は無制限であるなど内容も充実しています。自動車保険に加入していない人にとっては必須といっても過言ではなく、加入済みの自動車保険がある人にとっても役立ちます。コンビニエンスストアのコピー機などの端末や自分のスマートフォンから簡単に加入できるので、他人の自動車を運転する予定のある人は、補償期間などに注意して利用してみましょう。

 

 

 

1日自動車保険比較ランキングhttp://1日自動車保険.biz/compare/content.php
基礎からわかる自動車保険http://www.omakase-hp.com/115/#000139
自動車保険とことん比較https://www.carhoken-tokoton.com/1niti/warimasi-kyohi.html

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

ちょっとしか乗らないからこそ!1日自動車保険に加入しよう ページTOPへ戻る