うつ病は生命保険に加入できない?原因と対処法を解説

うつ病を抱えている人の中には、生命保険の加入を断られた経験がある人も多いのではないでしょうか。基本的に、病気を抱えている人の生命保険加入は難しい傾向があり、それにはうつ病などの精神疾患も含まれています。そのため、うつ病の人が生命保険の加入を諦めているというケースは決して少なくありません。しかし、うつ病の人が加入できる生命保険は増えてきています。ここでは、うつ病でも加入できる保険について詳しく解説していきます。

 

 

生命保険に加入できなくなる?うつ病の症状

 

うつ病とは精神疾患の一種であり、やる気が出ない、悲しい気持ちになる、集中力の低下などの心の症状が現れます。身体的な症状としては、体がだるい、食欲減退、不眠症といった症状が見られるようになります。うつ病などの精神疾患者数は、平成23年時点で約300万人を超えるなど身近な病気として認知されているのです。
うつ病患者が生命保険に加入できない理由として、うつ病が原因で働けなくなる可能性が高いことが挙げられます。なぜなら、仕事ができなくなれば保険料の支払いが困難になるため、うつ病患者の加入をすべて受け入れた保険会社は保険金を準備することが難しくなります。また、他の病気を併発させることも加入を制限する理由の1つです。うつ病は生活習慣病発症のリスクを高めるため、あらゆる病気の危険性を高めます。そのリスクをすべて保険会社が背負うことになるので、加入は難しくなるのです。
うつ病になる人は若年層から高齢層までと幅広く、今後も増加することが予想されます。患者数が増加すれば、生命保険会社もそれに対応しなくてはいけませんから、加入制限を設けるのは仕方がないことといえるでしょう。(※1)

 

 

加入までの流れ!生命保険の告知書とは

生命保険に加入するためには、各種書類の記入が必要になります。その中で、「告知書」は加入時に必要となる大切な書類です。
告知書とは、契約対象となる被保険者の健康状態や傷病歴、障害、職業といった情報を保険会社に提出するためのものです。この告知書の内容で、保険金を受け取る確率を予測し、プランを組み立てていきます。
そもそも、生命保険は加入者の保険料で成り立っているため、健康な人とそれ以外の人との保険料負担の公平性を保つ必要があります。健康状態が悪い人や高い危険性のある仕事をしている人が条件なしで加入すると、保険金を支払うリスクが高くなるため保険料と保険金のバランスが保てなくなります。告知書は、この不均衡な状況を回避するために必要なのです。ただし、ここで虚偽の告知をすると告知義務違反となり、契約の解除および解除前に残っていた給付金や保険金の支払いが無効になるので注意しましょう。
うつ病などの持病を持っている人が告知書を記入する際は、過去3カ月以内の健康状態と5年以内の健康状態、過去2年以内の健康診断の結果など、詳しく記載する必要があります。(※2)

 

 

うつ病でも加入しやすい保険はある

うつ病などの病気の方が生命保険に加入することは難しいものの、可能性はゼロではありません。
生命保険には、引受基準緩和型保険・無選択型医療保険があります。引受基準緩和型保険とは一般の生命保険よりも加入条件を緩めにしたもので、保険料は割高になるものの、持病を持つ人でも加入できます。一方、無選択型医療保険は告知書の提出が不要な保険です。ただし、保険料は割高になり、加入後の一定期間は支払われる保険金が減額されることもあります。これらの保険であれば、うつ病の人でも加入することは可能です。
指定疾病不担保制度がある保険の加入もできます。この制度の特徴は、何かしらの病気の保障をしないが、他の病気は保障されるというところです。例えば、うつ病が原因による保険金の給付はないが、他の病気や怪我であれば保険金が支払われます。保険料は引受基準緩和型保険・無選択型医療保険よりも安くなるので、負担が減るというのがメリットです。(※3)

 

 

公的な保障についても知っておこう

 

うつ病を発症すると仕事ができなくなるだけでなく、日常生活にも支障をきたすことになります。したがって、うつ病の人が受けることができる公的な保障についても知っておくと安心です。
まず挙げられるのが、健康保険の傷病手当です。これは、病気や怪我、うつ病などの精神疾患が原因で仕事が続けられなくなった被保険者に生活費を支給する制度になります。傷病手当金の受給条件を満たせば、すぐに支給されるため安心です。
次に、自立支援医療という制度で、精神疾患の治療を受ける際の医療費の一部を負担してくれるものです。所得の状況で自己負担額が変わるため、収入状況に応じて金額が変動します。ただし、入院費用については支払われませんので注意が必要です。
さまざまな支援が受けられる精神障碍者保健福祉手帳も、準備をしておくと安心です。保有者が精神障害を持っているという証明になるもので、公共交通機関・上下水道料金の割引、税金の控除・減免などが受けられます。(※4)

 

 

うつ病でも加入できる生命保険はある

 

うつ病かどうかは、自分では分からないもの。その病気と向き合うには、家族やその周りのサポートはとても大切になるでしょう。しかし、うつ病と戦うには、お金が必要になるのも事実です。まずは、公的支援が受けられるかどうか相談することから始めてみましょう。支援を受けられるのであれば、次に検討したいのが生命保険です。条件はありますが、うつ病の人でも生命保険に加入することは可能ですので、少しでも医療費負担を減らすために加入することをおすすめします。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LAIFの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

LAIFadmin

あわせて読みたいこちらもあなたにおすすめです

うつ病は生命保険に加入できない?原因と対処法を解説 ページTOPへ戻る